海でも使える日焼け止めとは

海に行く時に、日焼け止めを塗るという方がほとんどでしょう。
しかし、遊んでいるうちに流れてしまうのでは?という不安を抱く方も多いようです。
そんな方にオススメしたいのが、ウォータープルーフ処方の日焼け止めです。
ウォータープルーフ処方であれば、汗や皮脂に強い上に泳いでも崩れにくいとあって、海で使うには最適です。
そこで、紫外線を気にせず海で思いっきり遊びたいという方には、ウォータプルーフ処方の日焼け止めをオススメします。
ウォータープルーフ処方の日焼け止めであれば、海でどれだけ遊んでも塗り直す必要がないという事ではありません。
その為、一般的な日焼け止めと同じように2時間から3時間を目安に、塗り直すようにしましょう。
また、日焼け止めを塗る際には厚塗りやムラが出来ないよう、注意して塗りましょう。
特に体に塗る場合は範囲が広いので、つい塗り忘れてしまうという事が起こりやすいので、要注意です。
さらに、昨年購入したウォータープルーフ処方の日焼け止めを使うというのも、控えましょう。
一度開封してしまうと、品質の劣化や雑菌の混入などが考えられます。
そこで、去年海に行った時に使ったものがあるからと、新たに購入せずに使う事はやめましょう。