肌荒れの原因とベニバナオイル

肌荒れに陥ってしまう事が誰にでも少なからずあります。

なぜ肌荒れになってしまうのかは、色々なトリガーが考えられます。

誰にでも可能性があるものとしては、栄養分の偏りにより出てしまうのです。

普段の食べ物が不安定であったり、粗末なものばっかり食べているなど、肌の成長に関する養分の不良や、逆に取り過ぎでも肌荒れになる事があるのです。

ファストフードばっかりや商店のお弁当ばっかり食べているとなります。

またお米を食べないでパン食の方も多いです。

ある程度の好きは良いとしても、たまには、肉や魚、野菜などを効率よく食べる事で改善する事が出来るようになる率が高まります。

食べ物以外の原因では、コスメが上げられます。

お肌により、全く違うシチュエーションなので、自分に合うコスメを見つける事が大切になります。

値段がたかいからと言って一安心とは言えないのです。

また自然成分で作られているグッズが良いと言われていますが、こういう中にも、自分の肌に合わない成分が含まれている事があり、使って数日で肌荒れになる方も数多くいます。

値段よりも自分の肌にぴったり合う物を探る事で肌荒れにならないようになります。

特に旬の変わり目はコスメを変える方が多いので気をつけなければならないのです。

ベニバナオイルは、高リノール酸で、かつ高オレイン酸のオイルなので非常に健康や美容のエフェクトがあるオイル。

どういったエフェクトがあるかというと、まず健康面では、胆汁分泌を促し、心臓血管を保護するエフェクトがあり、狭心症などの不調がある方に向いています。

また血中コレステロールを低下させる動きがあり、コレステロールの硬直を防ぎ、入れ替わりを正常にすることができます。

動脈硬化や、変性異常の防止、それに抗リウマチ行動も期待できるオイルだ。

コレステロールを下げたり、入れ替わりを正常にするベニバナオイルの特質は、便秘や太り過ぎ症にも有効です。

ですので、便秘による肌荒れが対しても期待できますし、ベニバナオイルから取り出した「スクワレン」という成分を水素付加させたものがスクワランオイルとしてコスメの原料にもなっているくらいで、肌なじみがよく保湿も高いオイルなのだ。

ですが、他のオイルと同じようにベニバナオイルにも高精製された物や、溶剤抽出法で抽出されたものがあり、こういうオイルは、トランス脂肪酸や不純物が留まる場合もある。

未精製、低温圧搾法、有機など記載されている売り物を選ぶと安全なものを購入できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です